医療レーザーのトラブル

医療レーザーのトラブル
医療レーザー脱毛は、肌トラブルが気になる方も多いですが、特に普段肌トラブルが起きやすい方はムダ毛をツルツルの肌にしたいが、逆に肌がボロボロになればといった不安があります。
普段はだトラブルの後が色素沈着し残りやすい方が肌へちょっとした刺激で発疹ができる方は、心配です。
色素沈着はニキビなどをしたときメラニン色素が集中して後で残ってしまうもの。日焼けしたとき皮膚が黒くなりますが、通常は元に戻ります。
ですが、色素沈着になればなかなか元に戻らなくて、稀に医療脱毛したときの刺激が原因で発生することがあります。
そして高い出力のレーザーを当てたら、発生するリスクが高まり、評価がいいクリニックを選ぶことが大事。
そして普段からかみそり、毛抜きでムダ毛処理してる方は、その刺激してしまっており、そうしたところは他の部位の皮膚と比べ黒くなってるので、王した状態は、医療脱毛を受けられないケースがあります。
医療脱毛はムダ毛に服まれるメラニン色素に反応する光を扱い、沈着することがありますが、クリニックによってはレーザーは照射レベルを下げる方法で、肌の脱毛に対応してくれたりして、相談してください。
それから医療脱毛で取り入れられているレーザーはシミ除去に使うレーザーで、脱毛しながら色素沈着改善の期待ができます。
これはその医療脱毛でどういう種類のレーザーを使うかにより期待できる効果が違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です